オリックス証券

オリックス証券は、かつて存在した、オリックスグループ100%出資の証券会社です。同社の歴史は古く、1953年に設立された茜証券が前身で、1995年にオリックス証券となりました。また、オリックスグループとは、銀行や生命保険、クレジット、リースなど多様な金融サービスを提供し、特にダイレクト取引に強みがあります。

営業当時、オリックス証券は、幅広い商品ラインナップ、多様な情報提供、低コストの取引手数料など、全体としてバランスが取れていました。その中でも、同社に口座があれば、すぐに使える投資情報サービス「オリックス・マーケットプラス(無料)」は、リアルタイム株価、気配情報、マーケット情報、ランキング情報、ニュース、決算情報、信用情報、スクリーニング機能など、株式投資に必要な情報と機能を全て取り揃えた充実の情報サービスとなっていました。

しかしながら、オリックス証券は、2010年1月にマネックスグループの完全子会社となり、同年5月にマネックス証券合併し、会社自体は消滅しました。ただし、オリックスについては、同社の株式交換に伴い、マネックスグループ(金融持株会社)の主要な株主になりました。

オリックス証券の沿革(最後はマネックスと合併)

オリックス証券は、かつてダイレクト系の証券会社として一世を風靡しました。

・1953年:日本橋兜町に茜証券として設立
・1986年:オリエント・リース(現、オリックス)が同社に資本参加
・1995年:オリックス証券に社名変更
・1999年:オリックスオンラインサービスを開始
・2004年:外国為替保証金取引、先物・オプション取引の取扱いを開始
・2005年:中国株の取扱いを開始
・2006年:オリックスFX専用サイトをリリース
・2007年:オリックス・マーケットステーションのサービスを開始
・2008年:PTS取引、CFD取引を開始
・2009年:ジェット証券を吸収合併、2社のネット部門を吸収
・2010年:マネックス証券と合併

オリックス証券の取扱商品(営業時)

オリックス証券は、かつて顧客の多様なニーズに応え、多様な金融商品を提供していました。

日本株 現物株式、信用取引
新規公開株式、立会外分売 、PTS取引
海外株 中国株式
債券 国内債券、外国債券
ファンド 上場投信(ETF、REIT)
投資信託(各種ファンド、MRF、MMF)
その他 株価指数先物・オプション取引
外国為替証拠金取引(オリックスFX)
CFD取引(オリックスCFD)
証券担保ローン
保険商品

オリックス証券の提供サービス(営業時)

オリックス証券は、かつて顧客の視点から考えた、多様なサービスを提供していました。

注目サービス オリックス・マーケットプラス(無料投資情報)
オリックス・マーケットステーション
どこでもトレーダープPro
どこトレポケット
QUICKリサーチネット
会社四季報
メールサービス 他

オリックス証券の会社概要(存在せず)

オリックス証券は、オリックスグループの証券会社でしたが、2010年にマネックス証券と合併しました。

商号 オリックス証券株式会社
〔ORIX Securities Corporation〕
本店所在地 東京都中央区日本橋富沢町8-5
上場/非上場 非上場(親会社のオリックスは東証一部上場)
設立-消滅 1953年-2010年
特色 多様な取扱商品
利便性の高い投資情報と投資ツール
選べる手数料コース

カテゴリー|ブランド辞典