債務超過

読み方: さいむちょうか
英語名: Excess of debts
分類: 会社・経営|企業危機

債務超過は、債務者負債の総額が資産の総額を超える状態であり、資産を全て売却しても、借金などの負債を返済しきれない状態のことをいいます。これは、企業等では、貸借対照表(B/S)において、負債(債務)が資産(財産)を上回った状態であり、資本(純資産)の金額はマイナスになっています。すなわち、資産の全てが他人資本(負債)によって賄われており、しかも全資産を売却してもまだ負債が残るという状態を指します。

一般に債務超過の企業等は、財務体質として非常に危険な状態であり、また信用を損ない、事業継続に支障が出る恐れがあり、倒産の危険性が極めて高いと言えます。また、倒産とは、経済的に破綻して弁済期にある債務弁済できなくなり、経済活動をそのまま続けることが不可能になることを指しますが、実際には企業等が債務超過になったからといって、すぐに倒産する訳ではありません。通常、資金繰りさえつけば、すぐに倒産することはないですが、一方で債務超過でなくとも支払いが滞れば、すぐに倒産します。もっとも、債務超過という信用力が低下した状態では、取引先が早期の支払いを求めてくるケースが多く、また債務超過が拡大するにつれて、いつかは限界が来る(倒産に至る)ことが多いです。なお、企業等が債務超過を解消するには、事業を立て直して利益を上げ資産を増やすか、または増資するか負債を放棄してもらうか、あるいは負債と資本を交換するDES(Debt Equity Swap)を行うか、といった手法があります。

現在、東京証券取引所では、上場企業が債務超過の状態となった場合において(原則として連結貸借対照表)、1年以内に債務超過の状態が解消されなかった時は上場廃止となります。