保険料免除期間

読み方: ほけんりょうめんじょきかん
分類: 仕組み

保険料免除期間は、国民年金の第1号被保険者としての加入期間のうち、保険料を納めることが免除された期間をいいます。これは、老齢基礎年金の受給資格期間としては計算されますが、一方で年金額を計算する際は、国庫負担に相当する2分の1になります。また、免除された保険料は、10年前まで遡って追納することができます。

現在、保険料が免除されるケースとして、自動的に免除される「法定免除」と、本人の申請による「申請免除」の二つがあります。例えば、所得(収入)が少ないなど、保険料を納めることが経済的に困難な場合は、本人の申請手続きによって承認を受けると、保険料の納付が免除または猶予される「申請免除」を利用した方がよいでしょう。

というのは、保険料を未納のまま放置すると、将来の老齢基礎年金や、万が一の時の障害基礎年金遺族基礎年金を受け取ることができない場合があるからです。

※法定免除:障害年金を受けている、生活扶助を受けている、ハンセン病療養所などで療養している場合