第1号被保険者

読み方: だいいちごうひほけんしゃ
分類: 年金|被保険者

第1号被保険者は、日本の社会保険制度において、被保険者を区別するために設けられた用語で、「国民年金」と「介護保険」で主に使われています。

国民年金の第1号被保険者

現在、日本に住んでいる20歳以上60歳未満の人は、全て国民年金に加入し、将来、基礎年金を受け取ることができます。また、国民年金では、加入者を三種類に分けており、その加入者のうち、20歳以上60歳未満の自営業者・農業者・漁業者・フリーランス・学生・無職などの人が「第1号被保険者」に該当し、保険料を自分で納めることになります。(第1号被保険者で国民年金を未納している人には、年に数回、督促の電話がかかってくる)

介護保険の第1号被保険者

現在、日本には介護保険制度があり、市町村の区域内に住所を有する、65歳以上の人を「第1号被保険者」と言います。また、介護保険料については、市区町村ごとに決められた基準額をもとに、本人の所得や世帯所得により原則6段階に設定されます(3年ごとに見直し)