レポ取引

読み方: れぽとりひき
英語名: Repurchase transaction
分類: マーケット|資金取引

レポ取引は、本来は「買い戻し条件付取引」のことをいいます。これは、日本においては、特に債券の貸借取引で金銭担保として差し出す「現金担保付債券貸借取引(債券レポ取引)」のことを指します。

一般に有価証券の貸借取引には、担保金等を差し出す有担保取引と無担保取引の二つがありますが、この有担保取引のうち、金銭を担保として受入れ、債券を貸し出す取引を「現金担保レポ(現担レポ)」または単に「レポ取引」と言います。元々は、米国で発生して巨大なマーケットに成長した買戻し(Repurchase)条件付取引に由来し、欧米では売買取引を「レポ取引」と定義しているため「買戻し条件付き売却取引」のことを意味します(米国のレポ取引は日本における現先取引に該当)。

現在、日本版のレポ取引(現金担保付債券貸借取引)は、現金を担保とした債券の消費貸借契約(貸借取引)のことであり、当事者の一方(貸し手)が他方(借り手)に債券を貸し出し、その見返りとして担保金を受入れ、一定期間経過後に同種同量の債券の返還を受けて、担保金を返却するという仕組みになっています。また、その取引では、当事者間において、債券の借り手は借り入れた債券に対する貸借料を支払い、一方で債券の貸し手は受け入れた担保金に対する金利を支払い、その差額(担保金金利-債券貸借料)が「レポレート」になります。

なお、日本において、レポ市場(現金担保付債券貸借市場)は、1996年に現在の取引形態となり、今日ではコール市場を凌ぐ規模にまで拡大しています(1998年には「株券レポ取引」もスタート)。

レポ取引の仕組み

レポ取引は、実質的には「債券と資金を一定期間交換する取引」で、決済日に債券の借り手は債券と貸借料を貸し手に渡し、一方で債券の貸し手は担保金(現金)と利息を借り手に渡します。これを短期の資金調達という視点から見ると、資金調達コストは、現金担保にかかる金利から債券の貸借率を引いたもの(=レポレート)になります。

レポ取引の種類

・SC取引:貸借銘柄を特定したスペシャル取引
・GC取引:貸借銘柄を特定しないジェネラル取引