NASDAQ(ナスダック)

読み方: なすだっく
分類: 取引所(米国)

NASDAQ(ナスダック)は、アメリカ合衆国の取引所運営会社とナスダック市場のことをいいます。

具体的には、ニューヨーク州ニューヨーク市に本拠を置く、世界有数の取引所運営会社である「Nasdaq, Inc.」と、同社が運営する米国の取引所(電子株式市場)である「Nasdaq Stock Market」の二つを指します。

目次:コンテンツ構成

NASDAQの沿革について

NASDAQは、元々は、"National Association of Securities Dealers Automated Quotations"の略で、「店頭銘柄気配自動通報システム」を意味しました。

1971年に全米証券業協会(NASD)の主催により開設された世界初の電子株式市場(取引所がないコンピューターシステムの証券取引市場)でしたが、2005年に市場運営会社(Nasdaq)として自らの株式を公開し、2006年に取引所としての登録を行い、NASDからは完全に分離されました。

2008年にNasdaqは、世界的な取引所再編の流れの中、北欧の取引所運営会社であるOMXと持株会社(The NASDAQ OMX Group Inc.)を通じて経営統合したことで、NASDAQ OMX Groupが取引所(各種市場)の運営主体となりました。

その後、2015年に世界的に認知されたブランド(NASDAQ)を反映するため、NASDAQ OMX Groupから「Nasdaq, Inc.(ナスダック)」に社名変更されました。

※2007年7月にNASDは、NYSEの会員検査部門と統合され、金融業監督機構「FINRA:Financial Industry Regulatory Authority」に改組された。

NASDAQ(ナスダック)

NASDAQの運営市場について

Nasdaq, Inc.は、現在、世界有数の総合取引所となっており、以下のような市場を運営しています。

・Nasdaq Stock Market(米国)
・Nasdaq Nordic(北欧)
・Nasdaq Baltic(バルト諸国)
・Nasdaq First North(中小新興企業向け市場)
・COMMODITIES(コモディティ)
・OPTIONS & FUTURES(先物・オプション)
・FX(Phlx Fx Options)
・Canadian Equities 他

NASDAQの上場銘柄について

NASDAQ(Nasdaq Stock Market)は、ニューヨーク証券取引所(NYSE)と並ぶ、米国の代表的な株式市場で、現在、ベンチャー企業や中堅企業から、アップル、アマゾン、マイクロソフト、メタ、アルファベット、インテル、シスコシステムズ、ネットフリックス、ペプシコ、コストコなど世界的な大企業まで、数多くの企業が上場しています。

NASDAQの取引時間について

NASDAQ(Nasdaq Stock Market)の取引時間は、現在、以下のようになっています。

・Pre-market session:4:00~9:30
・Normal trading session:9:30~16:00
・Post-market session:16:00~20:00

※米国の株式市場、米国東部標準時

NASDAQの代表的指数について

NASDAQ(Nasdaq Stock Market)の代表的指数として、以下のものが日本でも広く知られています。

ナスダック総合指数

NASDAQに上場する、米国および米国外の全上場銘柄で構成される時価総額加重平均指数。

ナスダック100指数

NASDAQに上場する、非金融業(金融セクター以外)の時価総額と流動性が高い上位100銘柄で構成される時価総額加重平均指数。