ヘッジ(Hedge)

英語名: Hedge
分類: リスク管理

ヘッジ(Hedge)は、「リスクヘッジ」とも呼ばれ、資産運用(投資)のリスクを減少させるために取られる行動のことをいいます。これは、垣根を作って危険から身を守ることに由来する用語で、投資においては、将来の価格変動リスクを回避したり、軽減したりする各種手法のことを意味し、その種類には様々なものがあります。

例えば、ある取引から生じるリスクに対して、逆サイドのリスクを持つ取引(反対売買)を行うことによって、リスクを回避するのは代表的な手法であり、株式・債券・商品・為替等の取引において、買い方の値下がり損や売り方の値上がり損を防ぐためによく利用されています。また、反対売買の手法以外に、先物・オプション・スワップ等のデリバティブの利用や、投資対象・投資時期等の分散投資などもあり、どのようなヘッジを行うかは大きなポイントになります。

一般に投資において、リスクをヘッジするということは、裏を返せば、収益拡大の機会を限定することでもあります。また、潜在的な収益機会とリスクはトレードオフの関係にあり、通常、ヘッジは収益機会を犠牲にする(縮小する)ことになるので、その実施にあたっては十分な注意が必要です。