エクスポージャー

英語名: Exposure
分類: 運用管理

エクスポージャー(Exposure)は、晒す(さらす)ことや晒されることをいいます。これは、金融関連では、投資家の持つ金融資産(ポートフォリオ)のうち、マーケットの価格変動リスクに晒されている資産の割合(度合い)をいうほか、金融機関や事業会社などでは、リスクに晒されている投融資保証の総額(総量)などをいうこともあります。

一般に前者(市場の価格変動リスクに晒されている資産の割合)については、例えば「為替エクスポージャー」が挙げられ、外貨資産を保有することによって、為替変動リスクにどれだけ晒されているかということを意味します。この場合、為替ヘッジなどにより、為替エクスポージャーを意図的に減らすことが可能です。

一方で、後者(リスクに晒されている投融資や保証の総額)については、金融機関等においては、信用供与先毎および信用供与先の企業グループ毎のエクスポージャー(与信額)の把握を信用リスク管理の原点(基本)として、貸出やオフバランスなどの取引の種類に関わりなく総合的に一元管理しています。さらに、カントリーリスクへの対策として、信用供与先毎のエクスポージャー管理とは別に、国別エクスポージャーの管理も行っています。

なお、エクスポージャーは、どちらの場合もリスクに晒されているものが対象であるので、いかなる不測の事態にも対応できるように、常日頃から「リスク管理」を厳格に行っておくことが重要となります。

<本用語の使用例>

リスク資産に対するエクスポージャーを縮小する動きが広がった
・当時、銀行による自国のソブリン債への過度なエクスポージャーが問題を大きく悪化させた
・我々は戦術として、今年1月から株式へのエクスポージャーを減らしており、過去1週間で株式をさらに売った