メガバンク

英語名: Megabank
分類: 金融機関

メガバンクは、複数の都市銀行等が合併などをすることによって、巨大な資産や収益規模を持つ、巨大な組織へと変貌した銀行および銀行グループのことをいいます。これは、日本の主要都市や海外に展開する、莫大な預金残高を保有する都市銀行であり、いずれも銀行持株会社の傘下にあります。

かつて(昭和時代)は、「都銀13行・大手20行」と呼ばれた各行は、1990年代にバブル崩壊に伴う「不良債権問題」が経営を直撃し、巨額の公的資金が投入されるなど経営面で苦しみました。そういった状況の中、大手行が起死回生を賭けて、収益力の向上と規模の利益を追求したことで合従連衡が一気に進みました。具体的には、2000年4月の「みずほ」の誕生で、国内メガバンク時代が幕開けし、2001年末までに「三井住友」「三菱東京」「UFJ」が誕生し、その後、三菱東京とUFJのメガバンク同士の統合を経て、今日では、「みずほフィナンシャルグループ」「三井住友フィナンシャルグループ」「三菱UFJフィナンシャル・グループ」の3大金融グループ(3大メガバンク)に集約されています。

なお、メガバンクという呼称は、日本独自のものであり、海外ではほとんど使われていません。

●みずほ銀行

第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行を前身とする。

●三井住友銀行

住友銀行とさくら銀行(三井銀行+太陽神戸銀行)を前身とする。

●三菱UFJ銀行

東京三菱銀行(東京銀行+三菱銀行)とUFJ銀行(三和銀行+東海銀行)を前身とする。