インベストメントバンク

英語名: Investment Bank
分類: 金融機関

インベストメントバンクは、「投資銀行」とも呼ばれ、証券引き受けを主業務とし、それに付随する財務アドバイスなどを行う金融機関のことをいいます。これは、事業法人や機関投資家、政府系機関などの大口顧客を相手に、資金調達業務(株式や債券の引き受け等)やM&A(買収・合併)のアドバリザリー業務、マーケットメーキング業務、トレーディング業務、リスク管理業務、証券化ビジネス業務、事業再生業務などを提供しており、個人向けの小口取引などは行っていません。

一般に金融業界において、預金融資を主業務とする通常の銀行である「商業銀行」と区別するために「インベストメントバンク」と呼ばれ、また業務内容面では、銀行よりも証券会社に近いです。ちなみに、元々の発祥の地は米国で、代表的なインベストメントバンクには、ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)やモルガン・スタンレー(Morgan Stanley)、J.P.モルガン(J.P. Morgan)、ラザード(Lazard)などがあり、現在、日本においては、外資系金融機関や大手証券会社、メガバンクなどがインベストメントバンキングを手掛けています。

インベストメントバンクの種類

インベストメントバンクには、顧客に幅広いサービスを提供する「総合型」と、M&Aなど特定の分野に特化した「専門型(ブティック型)」の二つの種類があり、昨今では、ブティック型インベストメントバンクが市場拡大と共に業容を拡大しています。

ちなみに、ブティック型については、大手会計事務所系の会社のほか、投資銀行や大手金融機関などで活躍した金融プロフェッショナルが起業した会社などがあります。

インベストメントバンクの部門

インベストメントバンクは、大きく分けて、マーケットに流通する金融商品の取引を仲介する「マーケット部門」と、株式・債券の引受M&Aを通じてクライアントの企業価値を向上させ、その対価として手数料(利益)を得る「投資銀行部門」から構成されています。また、投資銀行部門は、カバレッジチーム(産業毎に顧客を担当するチーム)とプロダクトチーム(M&A、ECM、DCM、証券化など商品を切り口としたチーム)によって構成されていることが多いです。

なお、インベストメントバンクの部門構成に関しては、会社によって異なっており、また上記以外に「バックオフィス(事務部門)」や「自己勘定部門」などもあります。