みずほ(MIZUHO)

みずほフィナンシャルグループ(MIZUHO)は、銀行持株会社のみずほフィナンシャルグループの傘下に、みずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券、アセットマネジメントOneなどを有する、国内大手の総合金融グループです。2000年に、当時の第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行の全面的な統合に伴う持株会社として「みずほホールディングス」が設立されたのが前身で、その後、2003年にグループ変革のための事業再構築により、新しい持株会社として「みずほフィナンシャルグループ」が設立されたことで、今日の体制となりました。

現在、みずほ(MIZUHO)では、将来あるべき姿として、信頼No.1、サービス提供力No.1、グループ力No.1の「Only One(かけがえのない存在)」となって、「日本、そして、アジアと世界の発展に貢献し、お客さまから最も信頼される、グローバルで開かれた総合金融グループ」を実現するため、ブランドスローガン「One MIZUHO 未来へ。お客さまとともに」を掲げています。

みずほ(MIZUHO)のブランドコンセプト

みずほフィナンシャルグループは、コーポレートブランドとして「みずほ(MIZUHO)」を展開しています。

●みずほの名前の由来:ネーミング

みずほとは、「みずみずしい稲の穂」を表す言葉であり、「みずほ(瑞穂)の国」は、実り豊かな国を意味する日本国の美称として用いられている。本名称を使うことで、グローバルな金融市場において、日本を代表する金融機関として、最高水準の総合金融サービスにより、国内外の全ての顧客に豊かな実りを提供していくという決意が込められている。

●みずほのブランドロゴ:視覚イメージ

シンプルで洗練されたロゴタイプ(字体)と動きのある赤い円弧によるデザインは、今まさに太陽が昇らんとする地平線をイメージしたもので、社員一人ひとりの強い意思と情熱を表している。

みずほフィナンシャルグループの事業構成

みずほフィナンシャルグループは、現在、総合金融コンサルティンググループの実現に向け、「One MIZUHO戦略」を推進しており、そのための基本方針の一つとして、顧客セグメント別カンパニー制を導入しています。また、グループの主要構成企業は以下のようになっています。(業績管理では、カンパニー別の業務純益も算出)

1.リテール・事業法人カンパニー(個人、中小企業、中堅企業)
2.大企業・金融・公共法人カンパニー(大企業法人、金融法人、公共法人)
3.グローバルコポーレートカンパニ-(米州、欧州、東アジア、アジア、オセアニア)
4.グローバルマーケッツカンパニー(投資家)
5.アセットマネジメントカンパニー(投資家)

銀行 みずほ銀行
米州みずほ(米国銀行持株会社)
信託 みずほ信託銀行
証券 みずほ証券
アセット
アセットマネジメントOne
リサーチ&
コンサル
みずほ総合研究所
みずほ情報総研
主要グループ
各社
みずほプライベートウェルスマネジメント
JTCホールディング

みずほフィナンシャルグループの会社概要

みずほフィナンシャルグループは、グループ全体を統括する銀行持株会社です。

商号 株式会社みずほフィナンシャルグループ
〔Mizuho Financial Group, Inc.〕
本店所在地 東京都千代田区大手町1丁目5番5号(大手町タワー)
発足日 2003年1月8日
事業内容 銀行法により子会社とすることができる会社の経営管理並びに、これに附帯する業務を行うことを事業目的とし、グループ経営効率の向上と事業分野、機能面における特色・強みの結合を実現するために必要な経営管理等
上場 東証1部、ニューヨーク(ADR)
証券コード 8411

金融ブランド事典

カテゴリー