バンクローン

読み方: ばんくろーん
分類: 融資

バンクローンは、「レバレッジドローン」や「フローティングレートローン」とも呼ばれ、銀行等の金融機関が企業向けに行う融資(銀行貸付債権)のことをいいます。これは、主に投資適格未満の信用力が低い企業に対して行われるローンを指し、通常、債務者(融資先)が債務不履行などに陥った場合の債務弁済順位が社債や株式などに比べて上位に位置しており、基本的に担保が設定されているものが多いです。また、変動金利のため、発行時に設定されたクーポンが定期的に見直されることから、途中で市場金利が上昇しても投資対象としての魅力があまり変わりません。

一般にバンクローンは、米国で発達しており、M&ALBO、資本再構成、設備投資など、様々な企業活動に対して融資され、その後、シンジケート団により引き受けられ、債券と同様、流通市場(バンクローン市場)で取引されています。なお、日本においては、その投資対象としての魅力から、米国のバンクローンに投資する「バンクローン・ファンド(投資信託)」が販売されています。

<バンクローン投資の主なポイント>

●相対的に高い利回りである

主に非投資適格の企業が借り手となるローンへの投資のため、相対的に高い利回りが期待できる。(利回りは、投資適格債券より高く、ハイイールド債券より低い)

●変動金利である

通常の固定利付の債券とは異なり、市場金利が上昇した場合でも、変動金利で利息収益が増加するため、価格の下落は限定的となる傾向がある。(バンクローンの金利は「基準金利」と企業毎に異なる「上乗せ金利」で構成される)

●担保付資産への投資である

通常の債券と比較して、弁済順位が高く、万が一の債務不履行でも回収率が高くなる。