所有期間利回り

読み方: しょゆうきかんりまわり
英語名: Yield for holding period
分類: 利回り

所有期間利回りは、債券投資において、債券償還期限(満期日)まで保有せず、途中で売却した場合の利回りのことをいいます。これは、投資家が得た「利息収入」と「売買損益」の合計額が「投資元本」に対して、年率で何%になるのかを見るものです。また、債券から得られる収益には、インカムゲイン(利息収入)とキャピタルゲイン(売却益)の二つがあります(キャピタルロスが出る場合もあり)。

一般に金融機関やファンドなどの債券投資には、中長期投資と短期ディーリングの二つがありますが、特に低金利時においては、利息収入が非常に少ないため、債券価格の変動をとらえた売却益狙いで、所有期間利回りを重視した短期ディーリングを行うこともあります。なお、債券の利回りには、所有期間利回り以外に、応募者利回り最終利回り直接利回りなどもあります。

所有期間利回り(%)
=〔{表面利率+(売却価格-購入価格)÷所有年数}÷購入価格〕×100