利回り

読み方: りまわり
分類: 利回り

利回りは、投資において、投資元本に対する収益の割合のことをいいます。これは、債券投資や株式投資、不動産投資などで使われる用語で、一定期間に得られた収益(利子・配当等)を元本(投資金額)で割り、通常は年換算したもの(年利回り)となっています。

一般に利回りは、1年間の率(%)で表示され、資産運用の際に活用する、金利に相当する概念となっています。また、利回りと関連した用語で、微妙に異なるものに「利率」がありますが、利率は元本に対する利息の割合のことをいい、通常は年換算したもの(年利率)となっています。

利回りの計算例

資産運用において、投資判断をする上で、利回りを計算することがあります。例えば、元本100万円を運用して、5年後の満期時に元利合計で110万円を受け取った場合、利回りは{(10万円÷100万円)÷5年}×100=2.0%となります。

債券の利回りの種類

債券投資において、「利回り」と言った場合、通常は「最終利回り」を意味しますが、それ以外にも以下のようなものがあります。

最終利回り
債券を購入して償還期限まで保有した場合の利回りのことで、債券の購入から償還までの間の受取利息と償還差損益の合計額が、投資元本に対して年何%になるのかを見るもの。

応募者利回り
債券(新発債)を発行日に購入して償還期限まで保有した場合の利回りのことで、債券の購入から償還までの間の受取利息と償還差損益の合計額が、投資元本に対して年何%になるのかを見るもの。

所有期間利回り
債券を償還期限まで保有せず、途中で売却した場合の利回りのことで、保有期間中の利息収入(全ての受取利息)と売買損益の合計額が、投資元本に対して年何%になるのかを見るもの。

直接利回り
債券の投資金額に対して、1年間に支払われる利息収入(受取利息)の割合を表すもので、本来の投資収益率を表すものではないが、機関投資家などが毎年の収入金額を重視する場合に活用する。