未成工事支出金

読み方: みせこうじししゅつきん
分類: 財務・会計|貸借対照表

未成工事支出金は、建設業会計において、完成工事原価に計上していない工事費用の勘定科目をいいます。これは、未成工事(期末時点での未完成工事)に要した工事原価項目(工事に投入されたコスト)を集計し、流動資産の中の棚卸資産として計上するもので、製造業の工業簿記における仕掛品に該当する勘定科目となっています。また、本支出金は、材料費や労務費、外注費、経費に分類して管理する必要があります。

一般に建設工事において、工事完成基準を採用している場合、完成・引渡時に工事収益の全額を計上することになるので、未成工事支出金に集計された各期の原価発生額の合計を、完成・引渡時に完成工事原価へ振り替え、完成・引渡時の費用として全額処理することになります。なお、工事進行基準を採用している場合は、期中は未成工事支出金として計上しますが、決算時(期末)には完成工事原価に振り替えられ、費用として処理します。