未成工事受入金

読み方: みせいこうじうけいれきん
分類: 財務・会計|貸借対照表

未成工事受入金は、建設業会計において、建設業者が発注者より工事の完成引渡前に請負代金の一部または全部を受領した場合に計上する勘定科目をいいます。これは、一般企業の前受金に相当するもので、工事完成基準を採用している場合は、完成・引渡時に完成工事高に振り替えられます。また、工事進行基準を採用している場合は、決算時(期末)に完成工事高に振り替えられ、収益として処理します。

一般に建設業界では、工事期間が長期にわたる共に、その請負金額が多額となる傾向があり、工事期間中の建設業者の資金的負担が重くなることから、着工時や工事期間中において、発注者から前払金や中間払金等の名目で、請負代金の一部が支払われる慣行があります。