ROIC

読み方: あーるおーあいしー
英語名: Return On Invested Capital
分類: 財務・会計|財務分析

ROICは、"Return On Invested Capital"の略で、「投下資本利益率」とも呼ばれ、「税引き後営業利益(NOPAT)」または「みなし税引き後利益(NOPLAT)」を「投下資本(IC)」で割って求められる財務指標をいいます。これは、企業が純粋に事業活動(本業)に投じた資金(投下資本=純資産と有利子負債との合計)を使って、どれだけ効率的に利益を上げているかを示すもので、ROIとほぼ同じ概念ですが、ROEなどと並んで、企業価値の評価に使用されます。(ROICに対して、ROIは個別投資案件に使用されることが多い)

一般に企業の効率性を測る指標には、ROA(総資産利益率)もありますが、総資産売掛金など利益を生み出すための資産とはいえないものも含むため、その影響を取り除いた「ROIC」の方が、本業での効率性をより正確に計測できると言われています。

ROIC=みなし税引き後利益(NOPLAT)÷投下資本(IC)