財務レバレッジ

読み方: ざいむればれっじ
英語名: Financial leverage
分類: 財務分析

財務レバレッジは、総資本自己資本で割った数値をいいます。これは、自己資本比率の逆数で、借入金や社債などをテコ(レバレッジ)として使うことで、自社の総資本が自己資本の何倍となるかを表したものとなっており、他人資本(負債)をどのくらい有効活用しているかを示します。

一般に財務レバレッジが高いほど、総資本に対して他人資本の割合が高くなっていることを示し、また本数値が高くなりすぎると、財務面において、借入金・社債等の返済や利息の支払に圧迫されている可能性があります。一方で、本数値が低いほど、総資本に対する自己資本の割合が高く、総資本の多くが返済義務のない自己資本によって賄われていることを示します。

なお、財務レバレッジが高いこと自体は悪いことではなく、収益性や成長性を見込めるのであれば、他人資本を積極的に投入して、財務レバレッジを高くすることは経営手法として有効と言えます。

・財務レバレッジ(倍)=総資本÷自己資本