連単倍率

読み方: れんたんばいりつ
分類: 財務・会計|財務分析

連単倍率は、「親会社の単独決算(単体財務諸表の数値)」と「子会社関連会社を含めたグループ全体の連結決算連結財務諸表の数値)」との比率(割合)を表したものをいいます。これは、通常、利益の項目の比較で使われることが多いですが、売上高総資産、純資産などの項目の比較で使われることもあります。また、この比率を見ることで、企業グループにおける子会社や関連会社などの影響(どれだけ親会社の収益などに貢献しているか)を推察することができます。例えば、利益の倍率において、1倍を超えていれば、連結決算の対象となる子会社などの利益が貢献していることになりますが、逆に赤字で大きく足を引っ張る子会社などがあれば、1倍を割ることもあります。

一般に連単倍率が大きいほどグループ力が強く(グループ内における子会社や関連会社の比重が高く)、一方でその倍率が低いほどグループ内における親会社の比重が高いことになります。また、その倍率が時系列で高くなっている場合には、連結グループとしての企業運営が順調にいっていると言えます。

・純利益の連単倍率(倍)=連結当期純利益÷単独当期純利益
・売上高の連単倍率(倍)=連結売上高÷単独売上高