連結決算

読み方: れんけつけっさん
分類: 企業会計

連結決算は、親会社のほか、子会社関連会社を含む、企業グループ全体の事業や財務活動の状況を反映した決算をいいます。これは、資本的および実質的に支配従属関係にある、法的に独立した複数の会社からなる企業グループを、経済的な観点から単一の組織体と見なし、その経営成績および財政状態を把握するための決算方法です。

通常、連結決算の対象となるのは、親会社本体のほか、資本や経営などの面で実質的な支配下にある子会社、影響力が及ぶ関連会社などであり、また出資比率が20~50%の関連会社の業績は、出資比率に応じた額を持分法投資損益として営業外損益に計上することになります。ちなみに、日本では、かつては単独決算の開示が中心でしたが、2000年3月期以降は連結決算の開示が中心となりました。

一般に連結決算では、連結グループ内での債権や債務、売買などは相殺消去されるため、子会社等を利用した決算操作はできず、グループ全体の経営実態をより明確に把握しやすいというメリットがあります。すなわち、連結決算をすることにより、親会社(支配会社)が作成した「連結財務諸表」では、一つの会社の単独決算で作成した「個別財務諸表」と比べて、企業グループの実態をより明確に把握することができます。

なお、親子間での取引が多い企業グループでは、連結決算の数字が単独決算の数字とあまり変わらないケースが見られる一方で、親子間での取引が少ない企業グループでは、単独決算と連結決算が大きく異なるケースも見られます。