純資産

読み方: じゅんしさん
分類: 財務諸表/貸借対照表

純資産は、企業の資産総額から負債総額を差し引いた金額をいいます。

 純資産=資産負債

会社法の施行前(2006年以前)は、「資本」や「株主資本」、「自己資本」と呼ばれていましたが、現在は、「純資産」が正式名称であり、その構成科目は、「株主資本」「評価・換算差額等」「新株予約権」に分類されます(個別貸借対照表の場合)。

一般に純資産は、株主からの出資金と事業活動から得た利益の蓄積を表しており、また負債と異なり、将来的に返済をしなくてもよい資金なので、その額(大きさ)を見ることによって、企業の健全性(安全性)を判断することができます。