無形固定資産

読み方: むけいこていしさん
英語名: Intangible fixed assets
分類: 財務・会計|貸借対照表

無形固定資産は、企業などが長期にわたって利用または所有し、収益をもたらすことが期待される、具体的な形がない資産(形はないが財産的に価値のあるもの)をいいます。これは、貸借対照表において、「資産の部」の「固定資産」に「有形固定資産」と「投資その他の資産(投資等)」と共に記載され、また「法律上の権利」と「それ以外のもの」に分けられます。

前者の「法律上の権利」については、特許権や実用新案権、意匠権、著作権、商標権、借地権(地上権含む)、漁業権、鉱業権などがあり、後者の「それ以外のもの」については、のれん代営業権)、ソフトウェア、電話加入権、水道施設利用権、電気ガス供給施設利用権、電気通信施設利用権などがあります。また、のれん代については、その企業独自の超過収益力を意味しますが、会計上は、他企業の買収合併などに伴い、その対価を支払った場合にのみ資産として計上されます。

なお、無形固定資産には、減価償却の対象になるものとならないものがあり、対象になるものについては、有形固定資産と同様、減価償却を通じて耐用年数の期間にわたって費用化します(税務上の規定では、各資産の種類毎に法定耐用年数が定められている)。また、その減価償却については、残存価額がゼロである、償却方法が定額法に限定されている、決算書の表示は償却控除後の残高で計上する直接法による、などの特徴があります。