のれん

英語名: Good will
分類: 勘定科目(B/S)

のれん(暖簾)は、会社法施行前には「営業権」と呼ばれ、法律上の権利ではありませんが、他の企業より多く収益を稼得することができる無形の源泉・原因を金額で評価したものをいいます。これは、勘定科目の一つで、無形の財産的価値を有するものであり、具体的には、企業のブランド力、高度な技術力、営業上のノウハウ(仕組み)、立地条件等の地理的条件、官公庁の登録・許認可に基づくもの(法人税法上)などが挙げられます。

一般にのれんは、企業会計では、営業譲渡合併買収などを行った場合に、それによって得た資産負債と支払った額との差額が、貸借対照表において「無形固定資産」として計上されます。現在、減価償却については、償却期間を20年以内とする均等額償却となっており、また償却方法は残存価額をゼロとした定額法、記帳方法は直接法となっています。そして、各期の償却額は、損益計算書におい「販売費及び一般管理費」として計上されます。

なお、国際会計基準では、のれんの償却は原則行わず、その価値が著しく損なわれた場合のみ減損処理を行うことになっており、国内基準とは大きく異なります。