当座比率

読み方: とうざひりつ
英語名: Quick assets ratio
分類: 財務・会計|財務分析

当座比率は、短期の負債に対する企業の支払い能力を見るための財務指標で、企業の当座資産に対する流動負債の割合をいいます。また、当座資産とは、貸借対照表の借方の「資産の部」の「流動資産」を構成する項目で、短期間に回収される(資金化できる)資産のことをいい、具体的には、資産の中でも特に換金性が高い、現金・預金受取手形売掛金、短期保有の有価証券などが該当します。

一般に当座比率は、財務分析において、企業の資金化を考慮した財務の安全性を見る場合に活用し、通常、100%以上が望ましいとされています。また、本比率に対して、短期の負債に対する企業の支払い能力を見るための指標で、企業の流動資産に対する流動負債の割合を「流動比率」と言います。

・当座比率=(当座資産÷流動負債)×100