利付金融債

利付金融債は、かつて、特定の金融機関が特別の法令に基づいて発行した債券のうち、割引形式ではなく、クーポン(利息)が支払われる利付形式の債券をいいます。これは、発行時から満期まで金利が変わらない固定金利商品(金利が発行時に確定する固定金利債券)で、「募集発行債(募集債)」と「売出発行債(売出債)」の2つがありました。また、個人の場合は、随時資金を払込む売出債を購入することがほとんどでした。

一般に利付金融債(売出債)は、発行当時、金融機関(発行機関)が独自の名称(商品名)をつけ、償還期間は5年、購入単位は1万円以上1万円単位、利息は半年毎に受取れました。また、利率は発行機関が独自に決定し、毎月2回発行されました。なお、21世紀以降、資金調達手段の多様化によって発行額が減少し、発行を取りやめるところが相次ぎ、2013年に最後まで残っていた新生銀行が取扱いを終了し、その役割を終えました。

個人向けの利付金融債の発行状況--終了

個人向けの利付金融債は、発行時に確定している年利率で計算した利息が半年ごとに受け取れる債券で、その昔、以下の金融機関で発行されていました。

●みずほ銀行-利付みずほ銀行債券

・リッキー:2007年3月27日をもって新規発行を終了
・リッキーワイド(利子一括払):同上

●新生銀行-売出長期信用債券

・リッチョー:2004年10月27日をもって新規発行を終了
・リッチョーワイド:2013年4月27日をもって新規発行を終了

●あおぞら銀行-あおぞら債券

・リッシン:2011年9月27日をもって新規発行を終了
・リッシンワイド:同上

●三菱東京UFJ銀行

・リットー:2002年3月28日をもって新規発行を終了
・ハイジャンプ:同上

商工組合中央金庫-利付商工債券

・リッショー:2012年12月27日をもって新規発行を終了
・リッショーワイド:同上

●農林中央金庫-利付農林債券

・リツノー:2006年3月27日をもって新規発行を終了
・リツノーワイド:同上

利付金融債の基本事項

利付金融債は、発行当時、金利が固定のため、高金利時や金利低下局面で強みを発揮し、半年毎に利息(金利)をもらいたい時などに活用するのが基本でした。

取扱機関 銀行、系統金融機関
リターン 利息
リスク 信用リスク(発行金融機関の倒産)
価格変動リスク(債券価格)
※中途売却では時価により売却損の可能性もあり
関連マーケット 長期金融市場
預入金額 額面1万円単位(売出債)
額面1千万円以上1千万円単位(募集債)
預入期間 5年
金利種類 固定金利
利払い 半年に1回ずつ利払い
税金 源泉分離課税
保護制度 個人向けの保護預り専用商品は預金保険制度の対象