コンティニュエーション・パターン

【英語:Continuation Pattern、分類:チャート】

コンティニュエーション・パターンは、「継続パターン」とも呼ばれ、揉み合いが続いたパターンが完了した後、相場が以前と同じ方向に動き続けることを示唆するパターンをいいます。

現行のトレンドにおける"買われ過ぎ"や"売られ過ぎ"の状態から、しばらくの間、相場が調整するためのものであり、具体的には、トライアングル(Triangle)、ウェッジ(Wedge)、ペナント(Pennant)、フラッグ(Flag)などのパターンがあります。

コンティニュエーション・パターンの例

トライアングル:三角形を描くパターン
ウェッジ:先細りの三角形を描くパターン
ペナント:三角旗(ペナント)のようなパターン
フラッグ:旗(フラッグ)のようなパターン

一般にコンティニュエーション・パターンは、主にトレンドが停滞する揉み合いの局面で見られ、通常、出現した際には、揉み合いに入る前のトレンドが揉み合い後に再開する可能性が高いと考えることができ、取引面では「順張り」が有効となります。

金融知識ガイド

テクニカル分析用語集