シンメトリカル・トライアングル

【英語:Symmetrical Triangle、分類:チャート】

シンメトリカル・トライアングルは、連続した山と谷を結ぶ2本のライン(上値抵抗線と下値支持線)が収束することを特徴とするチャートパターンをいいます。

チャート上でラインを引いた時にほぼ対称(同じ傾き)の二等辺三角形になる「均衡している三角保ち合い」で、相場が上昇・下落を繰り返す中で下値が切り上がる一方、上値が切り下がり、売り方買い方のバランスが拮抗している状態を表します。

シンメトリカル・トライアングルの例

◎二等辺三角形の頂点がほぼ形成されるまでは、上下どちらに動く(ブレイクアウトする)のかが予想しずらい。

◎上下どちらかにブレイクアウトすれば、そのタイミングが売買サインとなるので、上放れすれば買い、下放れすれば売りが基本となる。

金融知識ガイド

テクニカル分析用語集