iFinancial TV(金融動画)>> YouTubeでチャンネル登録!

ブロードニング・フォーメーション

【英語:Broadening Formation、分類:チャート】

ブロードニング・フォーメーションは、「ブロードニング型」とも呼ばれ、サポートラインレジスタンスラインチャートの右から左へ拡散して三角形(トライアングル)を示すチャートパターンをいいます。

コンティニエーション・パターンの一つで、形状面では、トライアングル型の派生フォーメーションと位置付けられますが、通常、トライアングル型のようにトレンドの中間に出現するのではなく、天井圏で出現することが多く、基本的には弱気パターンとなっています。

※コンティニエーション・パターン:継続的なトレンドを形成した後、そのトレンドがまだ継続するフォーメーション。

ブロードニング・フォーメーションの例

一般にブロードニング・フォーメーションは、相場(市場参加者)が売りか買いかを迷っている時に出現するチャートパターンで、三角保ち合いとは反対に、値動きが進むにつれて値幅が拡大していく形状となっています。

◎ブロードニング・フォーメーションの発生後は、最初の値動きを巻き戻していく流れだと言われ、教科書的には反転型のパターンであるが、一方でいつ反転するのか、本当に反転するのかは分からない。

◎ブロードニング・フォーメーションでは、明確なエントリーポイントが分からないため、トレンドの方向性を慎重に分析し、コンセンサスが明確に見えてからエントリーする方が賢明である。

なお、ブロードニング・フォーメーションは、別名で、リバーストライアングルやブロードトライアングル、エクスパンティングトライアングル、拡大型トライアングルなどと呼ばれることもあります。

金融知識ガイド

テクニカル分析用語集