道路境界線

読み方: どうろきょうかいせん
分類: 土地

道路境界線は、敷地に接する道路との境界部分(境界線)のことをいいます。これは、道路と敷地の管理区域の境界のことであり、土地の基本概念として重要なものとなっています。

一般に建築基準法では、道路を基準として、接道義務容積率の算定基準、道路斜線の制限などを定めており、道路の幅員は4m(特定の指定地域では6m)以上あることが原則となっています。なお、幅員が4mに満たない場合には「2項道路」と言って、敷地側に道路境界線を引っ込める必要があります。