2項道路/みなし道路

読み方: にこうどうろ
分類: 道路

2項道路(二項道路)は、「みなし道路」とも呼ばれ、建築基準法第42条第2項に示された道路のことをいいます。これは、1950年11月23日以前から建物が立ち並んでいる道で、特定行政庁が道路として指定したものを指します。

一般に建築基準法でいう道路とは、原則として道路幅員が4メートル以上のものをいいますが、市街地の現況を見た場合、建築基準法の適用される前から道路として使用され、それに沿って建築物が立ち並ぶ4メートルに満たない道も結構あります。このような状況に対して、特定行政庁が指定するものについては、道路幅員が4メートル未満の道であっても、道路とみなす救済規定が定められています。

現在、2項道路では、道路の中心線から両側に2メートルずつ後退した線(一方が崖や河川の場合は、崖等の境界線から4メートル下った線)を道路境界線とみなし、将来、この道路に沿って既存建築物を建て替える場合には、セットバックして、4メートルの幅員を確保する必要があります。ただし、1992年の法改正以降、特定行政庁が幅員6メートル以上を道路として取り扱う区域では、道路の中心線から3メートル後退したところが道路境界線とみなされます。