セットバック

読み方: せっとばっく
分類: 道路

セットバックは、土地に接する道路の幅員が4メートルに満たない場合に、道路の中心線から2メートル後退して建物建築しなければならないことをいいます。この場合、下がった部分は道路と見なされるので、その部分に建物を建築することができないだけでなく、、擁壁、花壇なども設置することができません。また、建ぺい率容積率を算出する際には、この部分は敷地面積から除外されます。ちなみに、セットバックが必要な面積が敷地面積の10%以上ある場合は、物件広告を出す際に「要セットバック○平方メートル」といった形で表示する必要があります。

一般にセットバックは、建築基準法第42条第2項の規定により、道路であると見なされた幅4メートル未満の道である「2項道路」に面する土地では、その道路の中心線から水平距離で2メートルの範囲内に建物を建築することができないという規制です。これは、建物を建てる場合、道路幅として4メートル以上の空間を確保することにより、救急車や消防車などの緊急車両がスムーズに入れるようにすることが目的となっています。