中国人民銀行

読み方: ちゅうごくじんみんぎんこう
英語名: People's Bank of China(PBC)
分類: 中国

中国人民銀行は、国務院に直属し、北京に本店を置く、中華人民共和国中央銀行をいいます。これは、1948年に華北銀行を中心に3銀行を合併して設立され、長い間、金融政策通貨政策および中央銀行機能と市中銀行機能の両方を有する中国唯一の銀行でしたが、その後、何度か機構改革が行われ、市中銀行機能の分離や政策銀行の設立、銀行監督機能の分離などが行われました。その過程の中で、1995年に、通貨価値の安定を第一目標とし、中国人民銀行法の制定により「中央銀行」として法的根拠が与えられました。

そして、2003年に全人代常務委員会において、各種の改革を盛り込んだ中国人民銀行法(修正)案が承認され、これが今日の人民銀行の地位、業務内容、権限と責任などに関する根拠法となっています(同法第2条に、人民銀行の職能について、「国務院の指導の下、通貨政策を定め実行し、金融リスクを防止・解消し、金融の安定を図る」ことが明記)。現在、人民銀行は、最も主要な役割となった「金融政策」を通じて、マクロ経済のコントロール機能を強化しつつあります。