買収予防策

読み方: ばいしゅうよぼうさく
分類: 会社・経営|M&A

買収予防策は、敵対的買収に対して、企業が身を守るために事前(仕掛けられる前)に講じる手段(買収防衛策)のことをいいます。また、敵対的買収とは、買収者が対象企業の経営陣取締役会)の同意を得ないで、TOB(株式公開買付け)などの方法で買収を仕掛けることをいいます。

昨今、敵対的買収は増加傾向にあり、これを事前防止するために企業側でも買収予防策を取るようになっています。例えば、企業買収が盛んな米国では、その予防策として、ポイズンピル(毒薬条項)やゴールデンパラシュート(金の落下傘)、スタッガードボード(捻じれた役員会)などがあります。

なお、買収予防策に対して、仕掛けられた後に取る対抗手段のことを「買収対抗策」と言います。