ライツプラン

英語名: Rights Plan
分類: 会社・経営|M&A

ライツプランは、敵対的買収に対抗する防衛策の一つで、新株予約権を活用した買収防衛策の仕組みのことをいいます。これは、「ポイズンピル(毒薬条項)」の一種で、 買収者が一定の議決権割合を取得するなど、予め定めた条件を満たした場合に、敵対的買収を防ぐために、時価より安い価格で新株を購入できる権利(新株予約権)を既存株主に付与しておく手法となっています。

一般にライツプランで新株が発行されると、敵対的買収を企図した投資家(株主)の持株比率が低下すると共に、株数の増加による株価低下が買収者に不利に働くことになるため、敵対的買収者の登場を予防(牽制)する効果が期待されます。現在、日本においては、事前警告型ライツプランや信託型ライツプラン(直接型、SPC型)などの類型があります。