TOB

読み方: てぃーおーびー
英語名: Take Over Bid
分類: 会社・経営|M&A

TOBは、"Take Over Bid"の略で、日本語で「株式公開買付け」とも呼ばれ、企業の経営権取得などのために、条件等を公開して市場外で不特定多数の株主から株式を買い付けることをいいます。これは、公告等により、目的や買付期間、買付数量(購入予定株数)、買付価格などを提示し、株式等の買付けの申込みの勧誘を行い、市場外で株式等の買付けを行うことを指します。また、市場外で議決権の3分の1を超える大規模な買収を行う場合は、原則として本手法となります。

一般にTOBには、被買収企業が買収に同意して協力的に行われる「友好的TOB」と、被買収企業の取締役会の賛同を得ないで行われる「敵対的TOB」の二つがあります。通常、本手法では、市場で売買されている株価よりも高い価格で買い取る(株価にプレミアムを乗せる)ことが普通のため、買収企業が買収に必要な株式数を集めやすい一方で、敵対的な場合では、その手の内を明かして株式の買い集めが進められるため、被買収企業が対応策を取りやすいと言われます。

なお、株式市場において、ある企業に対して、TOBが行われることが明らかになると、当該株式の株価(市場価格)が上昇し、結果として買収価格が上昇するため、買い手の採算が合わなくなる場合もあります。