スタッガードボード

英語名: Staggered Boards
分類: 企業防衛

スタッガードボード(Staggered Boards)は、「捻じれた役員会」や「期差任期制度」とも呼ばれ、敵対的買収に対抗する防衛策の一つで、取締役の改選時期をずらし、一回の改選で全ての取締役を変更しない(できない)ようにすることをいいます。

取締役を複数のグループに分けて、各グループの選任時期をずらす仕組みで、具体的には、取締役の選任時期を意図的にずらすことにより、仮に他企業(買収側)から自社が買収されても、取締役を一度に交替させられるという事態にはならず、買収側に実質的な経営権を握られるまでに時間稼ぎをすることができます。

ちなみに、スタッガード(staggered)という用語には、「少しずつずらして並べた(設けた)」といった意味があります。