ポイズンピル/毒薬条項

読み方: ぽいずんびる
英語名: Poison pill
分類: 会社・経営|M&A

ポイズンピルは、「毒薬条項」とも呼ばれ、敵対的買収に対抗する防衛策の一つで、買収コストが高くつくことを買収者に予め認知させることで、買収を断念させようとする手法をいいます。これは、米国における代表的な買収防衛策の一つで、その種類にはニーズに合わせて様々なタイプがあり、例えば、買収が開始された後に新株予約権が発動されたり、プレミアム付価格で償還を義務付けた優先株を発行したり、買収者を除く既存株主に時価の半額で株式を購入する権利を与えたりするなどの手法があります。

なお、ポイズンピルの一種のライツプランは、新株予約権を活用した買収防衛策であり、現在、日本においては、事前警告型ライツプランや信託型ライツプラン(直接型、SPC型)などの類型があります。