ホワイトナイト

英語名: White knight
分類: 会社・経営|M&A

ホワイトナイトは、日本語では「白馬の騎士」とも呼ばれ、敵対的買収を仕掛けられた対象会社を、買収者に対抗して、友好的に買収または合併する会社のことをいいます。これは、企業防衛策の一つで、白馬に乗った騎士が企業を助けるといったイメージから来ています。

通常、買収者に対抗して、友好的な対応ができる会社は、対象会社より規模が大きく、資金力のある会社であり、実際の防衛手段としては、買収者よりも高い価格でTOBをかける(カウンターTOB)、もしくは、対象会社の第三者割当増資を引受けることなどが考えられます。過去の日本での事例としては、2006年に投資ファンドのスティールが明星食品に敵対的TOBを実施した際に、即席めん業界トップの日清食品が友好的TOBを実施し、それが成功して、明星食品は日清食品の完全子会社となりました。

一般にホワイトナイトは、敵対的買収を仕掛けられた会社の経営陣が、別の友好的な第三者に買収などを働き掛ける企業防衛策であり、敵対的買収の際に自ら新たな買収者を選択することで、敵対的買収者から身を守ることを目的としています。また、「ポイズンピル(毒薬条項)」のように、予め導入しておく必要がなく、買収を仕掛けられた後でも対応できるのが一つの特徴となっています。なお、この手段を取るには、自社を売却するという相当の覚悟が必要であり、また身売りの意思表示を公にすることで、競合する新たな買収者を誘引する可能性もあります。