第三者割当増資

読み方: だいさんしゃわりあてぞうし
英語名: Allocation of new shares to a third party
分類: 財務・会計|資金調達

第三者割当増資は、会社の資金調達方法の一つで、株主であるか否かを問わず、特定の第三者に新株を引き受ける権利を与えて行う増資(資金調達)のことをいいます。これは、取引先や取引金融機関、自社の役職員などの縁故者に引き受けてもらうケースが多いことから、「縁故募集」とも呼ばれます。また、その資金調達の際には、新株または会社が処分する自己株式(金庫株)が割り当てられることになります。

一般に第三者割当増資は、未上場会社が資金調達の一環として行うことが多いです。一方で、上場会社の場合は、資本提携や事業支援、会社再建のために資金調達を必要とする場合や、敵対的買収の対象となった会社が買収会社の持株比率を低下させるべく、企業防衛策の一環としてホワイトナイトに対して行う場合があります。ちなみに、後者の上場会社の一例としては、スズキと独フォルクスワーゲン(VW)の資本・業務提携に伴う包括契約に基づいた、2010年のスズキの独VWからの資金調達があります(両社は2015年に提携解消)。

通常、第三者割当増資は、既存株主にとって、持株比率が低下する上、不公正な価格で新株発行等が実施された場合、経済的な不利益を被る恐れもあることから、発行手続きは、会社法により既存株主に配慮した形で詳細に定められています(新株を「特に有利な価格」で発行する際には、株主総会でその理由を開示して特別決議を経る必要がある)。その他にも、金融庁の規制において、第三者割当増資を行う会社は、有価証券届出書に「発行価格の算定根拠及び発行条件の合理性に関する考え方」や「大規模な第三者割当の必要性」などを記載し、その合理性や必要性に関する会社の判断について説明することが義務付けられています(その判断に際して、第三者による評価を取得した場合は、その内容も記載)。