他人資本

読み方: たにんしほん
英語名: Borrowed capital, Outside capital
分類: 財務・会計|貸借対照表

他人資本は、「外部資本」とも呼ばれ、自己資本と対立する概念で、ローン(借入)や社債などの株主以外の外部者(債権者)に対する債務のことをいいます。これは、貸借対照表(B/S)の貸方項目を構成する要素の一つである「負債の部」の金額のことをいい、会社が債権者に対して返済(支払い)等の必要(義務)があるものを指します。具体的な金銭債務としては、金融機関などからの「借入金」、資金調達のために発行した「社債」、従業員の年金や退職金などを予め見積もっておく「退職給付引当金」、仕入先などからの信用供与である「買掛金」や「支払手形」、一時的差異により発生した「繰延税金負債」などがあります。

一般に他人資本は、自己資本と比較した場合、資金(資本)の調達という共通性はありますが、法律的に返済や支払いの義務を負うこと、また利益の有無に関わらず利息の支払いが必要なものもあるなど、大きく異なっています。