保証期間付終身年金

読み方: ほしょうきかんつきしゅうしんねんきん
分類: 年金保険

保証期間付終身年金は、個人年金保険において、保証期間中は生死に関係なく年金が受け取れ、その後は被保険者(受給権者)が生きている限り、終身にわたって年金が受け取れるものをいいます。

被保険者の生存が年金支払の条件となる「生命年金」の一つで、また保証期間中に被保険者が死亡した場合は、残りの保証期間に対応する年金または一時金が予め指定した受取人(遺族)に支払われることになります。

例えば、10年の保証期間が付いた保証期間付終身年金に加入していた場合、5年間年金を受け取った後に被保険者が死亡した場合、残りの5年分の年金額を遺族が受け取れます。

保証期間付終身年金

一般に保証期間付終身年金は、一生涯受け取れる終身年金に、保証期間が付いていることで、万一、早く死んだ場合でも保険料が無駄になりません(遺族にある程度のお金を残せます)が、その分、保険料は、終身年金や確定年金などと比べて高くなっています。

<個人年金保険について>

「運用(殖やす)」「年金(受け取る)」「保険(残す)」の3つの機能がセットになった保険商品で、その仕組みは、保険会社に保険料を払込み、所定の据置(運用)期間満了後に運用成果(年金原資)を受け取れるようになっており、また年金の受取方法は、以下のように分類される。

・終身:終身年金、保証期間付終身年金
・確定:確定年金
・有期:有期年金保証期間付有期年金
・連生:夫婦年金