連生年金

読み方: れんせいねんきん
分類: 年金保険

連生年金は、「連生年金保険」とも呼ばれ、夫婦や親子のように二人以上の被保険者の生死に関して、保険者から支払われる生命年金(被保険者の生存が年金支払の条件となる年金)のことをいいます。これには、二人以上の被保険者のうち、一人が死亡すると年金が停止する「連合生存者年金」や、一人でも生存している限り年金が支払われる「最終生存者年金」などがあります。

なお、連生年金に対して、一人の被保険者の生存を条件として支払われるものを「単生年金」と言います。