CDO

読み方: しーでぃーおー
英語名: Collateralized Debt Obligation
分類: 証券化商品

CDO(Collateralized Debt Obligation)は、日本語では「債務担保証券」と呼ばれ、ABS(資産担保証券)の一つで、貸付債権(ローン)や債券(公社債)などから構成される金銭債権を担保として発行される証券化商品をいいます。これは、複数のローンまたは公社債などの資産を保有するオリジネーター(原資産所有者)が、それらをSPV(特別目的事業体)に譲渡し、この資産を裏付けとして発行した「社債」の売出や「信託受益権」の譲渡などを行うことで、投資家から資金調達を行う仕組みとなっています。また、その担保がローンのみで構成される場合は「CLO(Collateralized Loan Obligation)」、債券または債券類似商品で構成される場合は「CBO(Collateralized Bond Obligation)」と呼ばれ、CDOは「CBO」あるいは「CLO」のいずれか、またはその双方を包含する商品となっています。

1980年代に米国ではじめてCDOが発行され、その後、欧州や日本などでも発行されて市場が拡大し、2000年代には金融機関機関投資家などの運用対象として人気となりました。しかしながら、2007年に米国で始まったサブプライムローン問題により、担保となっていたローンが数多く破綻したため、高格付けとして運用されていたCDOも毀損し、世界中の多くの投資家が巨額の損失を計上する結果となり、またCDOの担保となっていた資産の不透明さや流動性の低さなどのリスクが改めて認識されることになりました。

CDOの担保となる資産(組入れ対象)

CDOは、ローンや社債、ソブリン債ABSREITクレジット・デリバティブなどが組入れ対象となっているため、多様な証券化商品を作ることが可能です。

CDOの格付けとクラス

CDOは、担保となる資産の組み合わせにより、低リスク低リターンのグループ(クラス)から、高リスク高リターンのグループまで自由に商品を組成することができます。通常、格付け会社の格付けによって、以下の3つのクラスに区分されます。

・最高格付け:シニア債(安全性は高いが、利回りは低い)
・中間格付け:メザニン債(シニア債とジュニア債の中間ぐらい)
・最低格付け:ジュニア債(安全性は低いが、利回りは高い)