プレイン・バニラ・スワップ

英語名: Plain Vanilla Swap
分類: スワップ

プレイン・バニラ・スワップは、同一通貨の固定金利変動金利との交換を行うスワップ取引(金利スワップ)をいいます。これは、金利スワップの中で最も基本的な取引であり、具体的には、一方の当事者(X)が契約締結時に決定した想定元本に対して決められた「固定金利分」を他方の当事者(Y)に契約期間支払うと同時に、YはXに対して同額の想定元本に対して「変動金利分」を同期間支払うという仕組みになっています(スワップの金利支払いは後払いが普通)。

一般に金利スワップは、全てのデリバティブの中で最も多く取引されており、その中でも「プレイン・バニラ・スワップ」は最も中心的かつ重要な取引と言えます。また、マーケット(市場)で取引されているプレーン・バニラ・スワップの固定金利水準のことを「スワップレート」と言い、長期金利の一つの指標となっています。ちなみに、その呼称(Plain Vanilla Swap)については、アイスクリームのプレイン・バニラのように、「最も基本となるスワップ取引」に由来するそうです。