固定金利

読み方: こていきんり
英語名: Fixed rate
分類: 金利

固定金利は、文字通り、固定された一定の金利のことで、当初の金利(利率)が適用期間中ずっと続くものをいいます。これは、預金や債券、ローンなどの金融商品において、満期や償還日、最終返済日までの全期間を通じて、一定の利率が適用されるものを指します。

固定金利の概要

なお、固定金利に対して、その時々の金利情勢によって、定期的に適用利率が変動するものを「変動金利」と言います。

固定金利の金利水準

固定金利の金利水準(市場金利)は、その時々のマーケット動向を反映することになり、具体的には、短期(1年未満)の市場金利は短期金融市場で、また長期(1年以上)の市場金利は長期金融市場で日々形成されます。

これより、個々の金融商品の固定金利は、対象期間の市場金利に、コストや利鞘、リスクプレミアムなどを加減して決定されます。

固定金利の運用商品

固定金利の運用商品の利率は、変動金利の運用商品の利率より高く、通常、高金利の時に長期で利用するのが基本となります(高金利時には有利な一方、低金利時には魅力がない)。

<主な個人向けの運用商品>

・定期預金
・定期貯金、定額貯金
・個人向け国債(固定5年、固定3年)
・地方債
・普通社債 他

固定金利のローン商品

固定金利のローン商品の利率は、変動金利のローン商品の利率より高く、通常、低金利時に固定金利タイプを選択すると、低金利で長期間固定されるため、将来の金利上昇リスクに備えることができます(将来金利が上昇しても影響を受けずにすむ一方、将来金利が低下しても低金利の恩恵は受けられない)。

<主な個人向けのローン商品>

・住宅ローン(固定金利)※
・教育ローン(固定金利)
・自動車ローン(固定金利)他

※長期固定金利型住宅ローンで代表的なものに「フラット35」がある。