直先スプレッド

読み方: じきさきすぷれっど
分類: 為替相場

直先スプレッドは、直物(現物)相場と先物相場の価格差をいいます。これは、外国為替取引においては、「スワップレート」とも呼ばれ、直物為替レート先物為替レートの差で、基本的に2つの通貨の金利差によって決まります。

目次:コンテンツ構成

直先スプレッドとは?

直先スプレッド(スワップレート)とは、「直物相場(直物為替レート)」と「先物相場(先物為替レート)」の差をいいます。

現在、インターバンク市場(外国為替市場)では、米ドル/円やユーロ/米ドルなどの主要通貨に対して、1カ月、3カ月、6カ月、12カ月などのターム(期間)で、その価格が「ポイント」で表示されています。

・先物相場>直物相場:プレミアム
・先物相場=直物相場:フラット(パー)
・先物相場<直物相場:ディスカウント

一般に直先スプレッドは、基本的に2つの通貨の金利差で決定し、また外国為替市場で常に価格が建ち、金利動向によって絶えず変動しています。

直先スプレッドの理論的な背景

直先スプレッド(スワップレート)の理論的な背景として、外国為替市場(為替)と金融市場(金利)の間に、金利を通した関係である「金利平衡理論」が成り立っていることが挙げられます。

金利平衡理論とは、「先物為替レートと直物為替レートの差であるプレミアム(ディスカウント)率は2通貨間の金利差に等しい」というものです。これより、相対的に高い(低い)金利の通貨は、相対的に低い(高い)金利の通貨に対して、先物レートでディスカウント(プレミアム)になります。

直先スプレッドの取引要因

外国為替のスワップ取引とは、インターバンク市場(外国為替市場)において、直先スプレッド(スワップレート)が取引されることをいい、具体的な取引要因として以下が挙げられます。また、金融機関の為替ディーラの中で、フォワードディーラーが本取引を行っています。

先物為替取引のカバー
・直物ポジションのカバー
・他の金融商品のヘッジ
・ディーリングによる収益獲得 他