為替差損益

読み方: かわせさそんえき
分類: 外国為替取引

為替差損益は、外貨建て取引の際に生じる損益で、為替相場(為替レート)の変動によって発生する利益損失をいいます。「為替差益」と「為替差損」を総称したもので、外貨で持っている段階では「評価損益」ですが、円転することによって「実現損益」となります。

目次:コンテンツ構成

個人の為替差損益について

個人の外貨投資では、外貨預金や外貨MMF、外国債券、外国株式、外国投信、外国為替証拠金取引(FX)などにおいて、為替レートの水準によって、為替差損益が発生します。

例えば、身近な外貨預金では、円高ドル安の時にドルを買って、円安ドル高の時にドルを売ると「為替差益(利益)」が、また円安ドル高の時にドルを買って、円高ドル安の時にドルを売ると「為替差損(損失)」が発生します。

企業等の為替差損益について

為替差損益は、企業等においては、外貨建て資産・負債の評価にあたり、為替レートの変動によって生じる損益を指します。

例えば、輸出入を行う企業では、外貨建て取引の発生時と決済時または決算時の間に為替レートが変動した場合、簿価(自国通貨表示)と外貨建て取引の差額として生じます。これについては、取引発生時と決済時の為替レートの変化によって生じる「為替決済損益」と、決算時(円貨建て評価時)に為替レートの変化によって生じる「為替換算損益」に分類できます。

ちなみに、国の外貨準備にも為替差損益は発生し、これは金額的にも非常に大きく、リスク管理が大きな課題となっています。