ドルペッグ制

読み方: どるぺっぐせい
英語名: Dollar-Peg
分類: 通貨制度

ドルペッグ制は、自国・地域の通貨米ドル為替レートを一定割合で保つようにする制度をいいます。これは、自国・地域の通貨レートを米ドルに連動させる仕組みであり、現在、香港ドルや中東産油国の通貨などが採用しています。また、ペッグ制とは、固定相場制の一つで、経済基盤の弱い国や不安定な国が、自国の通貨レートを経済的に関係の深い大国の通貨レートと連動させる制度をいいます。なお、固定相場制には、ペッグ制のほかに、複数通貨の平均値との連動を図る通貨バスケット制などもあります。

一般にドルペッグ制では、基軸通貨である米ドルと連動させることで、自国通貨の安定を図り、不安定な自国通貨の為替変動リスクを防ぎ(抑え)、対米貿易の採算を安定させるという効果があります。その一方で、米国の金利政策と連動しているため、自国の通貨政策に対する裁量(金利の上げ下げなど独自の金融政策)の余地が小さく、また自国の経済実態と乖離してドル高が進行した場合、自国の通貨政策と経済運営に多大な影響を及ぼすというリスクがあります。

フィンテックが身近に。世界水準の金融アルゴリズムを提供するロボアドバイザーに注目!