変動相場制

読み方: へんどうそうばせい
英語名: Floating Exchange Rate System
分類: 外貨投資|為替相場

変動相場制は、「フロート制」とも呼ばれ、固定相場制のように通貨を一定比率に固定せず、為替レートの決定を外国為替市場(マーケット)の需要と供給により自由に変動させる制度をいいます。これは、マーケットで外国通貨を対価とする自国通貨の売りが増えれば、自国通貨の対外価値が減価し、逆に外国通貨の売りが増えれば、自国通貨の対外価値が上昇(増価)するといった仕組みになっています。

一般に変動相場制は、世界経済において、まだ歴史が浅く、1970年代から採用されるようになりました。1971年8月のドルと金の交換停止を表明したニクソンショックにより、ブレトンウッズ体制金本位制に基づく固定相場制)が崩壊し、その後の1971年12月のスミソニアン体制(ドルの切り下げと為替変動幅の拡大をした固定相場制)も長続きせず、1972年6月に英国がこれを放棄して変動相場制に移行すると、1973年3月までに主要国(先進各国)は変動相場制に移行することになりました。そして、1976年1月にジャマイカのキングストンで国際通貨基金(IMF)の暫定委員会が開かれ、変動相場制が正式承認されました(キングストン合意)。

現在、変動相場制の通貨は、外国為替市場で日々交換レートが決定されていますが、その一方で、相場急変時などに中央銀行が市場介入による為替レート操作を行う場合もあるため、「完全に自由な変動相場」と言えない側面もあります。

●メリット

・経済実勢を反映した相場が実現する。
金融政策の裁量性が高い。
・通貨下落に伴う外需の拡大が容易である。

●デメリット

・貿易環境や資本移動が安定的ではない。
為替相場が急激に変動することがある。
・投機マネーの動向で乱高下することがある。