通貨政策

読み方: つうかせいさく
英語名: Currency Policy
分類: 日本経済|政策

通貨政策は、通貨供給量を適切に調節し、金融や貿易などの経済活動を制御することによって、経済の安定を図る政策をいいます。これは、金利や通貨供給量を調節することで、物価の安定を図り、経済の動きを調整する「金融政策」の一つとも言えますが、自国通貨の価値を左右させる(他国との交易条件を変化させる)政策であるため、対外的に影響が非常に大きく、別個の政策と認識されることが多いです。現在、世界の中で一番注目されているのは、基軸通貨米ドルを持つ米国の通貨政策で、この政策が変更されると世界経済に多大の影響が及ぼされます。

なお、日本においては、通貨政策は、政府(国)が担っており、財務省が外国為替及び外国貿易法(外為法)に基づいて、外国為替制度の運営に当たっています。